離婚問題の解決

離婚問題には、慰謝料の請求や訴訟が発生することもあります。問題がこじれることも多いので、弁護士に依頼し離婚届を出す前に慰謝料の分配等をきちんと話し合いを行うことが大切です。

詳細を確認する

遺産相続を考える

近年高齢者の方が、家族に遺産相続を行う場合はどのように行うか弁護士に相談するというケースが増えています。亡くなった時に遺言が無効になってしまわないように、予めアドバイスを貰うことが大切です。

詳細を確認する

会社設立や相続の悩みを解決できる士業が慰謝料問題も解決できる

税を節約しよう

相続税申告は税理士の知恵によって差がでる時代になっています。専門知識豊富な税理士をお探しならこちらへ。

専門知識がない方でも大丈夫です。専門家が相談に乗ってくれます!福岡で相続の手続きが必要になったら、このサイトをチェックしてみましょう。

役員報酬による対策法について

法人税とは会社の所得に対して課せられる税金のことで、法人税率は住民税・事業税を含めると実質35%程度となっています。会社にとって出した利益のうちの 1部を税金として国に納めることは社会に対して貢献することになりますが、それによって自身の会社の運営が苦しくなってしまっては元も子もありません。そこで納税の義務を果たしつつ会社にもお金が残るように法人税を節税することを考えていく必要があります。法人税の節税方法として役員の給料・報酬を引き上げる方法があります。但し役員の報酬額は株主総会で決議するため原則として年に1回しか改定できません。よって換金参入されるよう事前に支給日・支給金額を届け出ておく必要があります。

税金を減らす様々な方法について

福利厚生費による節税も可能となっています。通勤手当は所得税が非課税とされており、役員や社員・パートなどに関係なく支給することが出来ます。他には交通費関係等における節税法としては出張手当があります。業務での出張にかかった交通費などとは別に日当などを支給することができます。また損金を増やすことで法人税を節税でき、その方法として未払金や未払費用の見直しを行ったり固定資産税の見直しを行うことで可能となります。固定資産税の見直しでは償却期間を減らすことで損金の額を増やすことが出来ます。在庫を期末に向け減らすことも節税対策となります。値引き等により見切り品を処分したり不要となった商品を廃却したり商品評価損を上げる方法です。

相続に関する悩みを解消するために相続の弁護士に相談してみよう。専門の弁護士が丁寧に手続きを進めてくれます。

福岡で会社設立や法人化をお手伝いしているのがこちらです!幅広い案件に対応してくれるので相談してみると良いですよ。

東京にある行政書士事務所は実績豊富ですので様々なトラブルに対して柔軟に対応してくれるのでおすすめですよ。

法人税の節税

法人税を節税したいと考えている場合は、社員に還元することや、自己啓発を支援するという方法で利益額を減らすことが可能です。前年度の利益を意識して節税を行っている企業が多いです。

詳細を確認する

会社を設立する

会社設立時には、登記費用と資本金が必要です。登記費用を安く抑えたいと考えた場合、税理士や行政書士などの代行業者に依頼を行い費用を抑えることができます。自分でやるよりも費用が安いので手間と予算をセーブできます。

詳細を確認する