会社設立や相続の悩みを解決できる士業が慰謝料問題も解決できる

法人税の節税

法人税の節税は企業運営に重要です

法人税をはじめとした税金を納めることは、日本国民の義務であり、そのことによって社会福祉、社会インフラといったもので恩恵を受けています。 企業にとって最も重要なのは、企業が継続的に成長することです。事業が成長していくことが最も必要ですが、少しでも資金を残すことが企業運営には不可欠です。法人の節税は、企業運営のための資金を少しでも残そうという目的で行われています。 とはいっても企業は増収、増益を求められます。利益が出れば法人税を納めなければなりませんが、利益が前年より突出したような場合は、社員に決算賞与を支給するなどし、利益額を減らす工夫をします。利益に応じて法人税の金額は決まってくるので、法人税額を節税することが可能になります。

ステークホルダーへの還元重視

法人税は利益に対して課せられる税金です。赤字であったり、減益となると、企業の本業に支障をもたらすことになるので、節税にも限度があります。そうしたことから、前年の利益を意識した形で節税をされている企業が多いようです。 一つは、社員に対する還元です。給与のベースアップを図るのは難しいですが、決算賞与などの形で還元します。また、社員の自己啓発などを支援するといった還元の仕方もあります。こうした経費を利益から差し引くことにより、結果的に法人税の節税を行うことになります。 また、近年注目されているのは、自社株買です。自社株買は株価が安定することになるため、株主からは好意的に受け取られています。法人性の節税にもなるので、一石二鳥と言っていいでしょう。