会社設立や相続の悩みを解決できる士業が慰謝料問題も解決できる

離婚問題の解決

弁護士を利用して

従来は、離婚に際して夫婦間で協議を行い、その話し合いの場で慰謝料の金額などについても決めてしまうケースが多かったのですが、最近では弁護士を利用して慰謝料の金額を決めたり、慰謝料請求訴訟を起こしたりするケースが多くなってきています。夫婦は互いに貞操義務を有していますので、夫婦の一方が他の異性と性的関係を持ったことが原因で離婚することになった場合、浮気されてしまった方の配偶者は、その原因を作った配偶者に対して慰謝料を請求することができます。しかし、有責配偶者側が浮気相手との再婚を考えていたりする場合には、なるべく支払額を安くしようとしてきます。夫婦間の話し合いだけでは決着がつけられないケースが増えてきたため、法律の専門家である弁護士に間に入ってもらうようにする人が増えてきました。現在では、年金分割もできるようになったため、今後は離婚時に弁護士を利用する人がさらに増えるだろうを予想されています。

時効にかかってしまいます

愛し合って結婚した夫婦であっても、離婚する際には金輪際もう二度と顔を見たくないというような険悪な状態になってしまっているケースがよくあります。一刻も早く相手と縁を切りたいと考えて、慰謝料の金額などをきちんと決める前に離婚届けを出してしまう人が少なくありませんが、細かな条件を全て決めてから離婚届けを出すようにすることが大切です。現実的なことを考えると、離婚が成立した途端に誠実な対応をしなくなる人がたくさんいます。自分の今後の生活の都合がありますので、できることならば慰謝料などは1円も払いたくないと考える有責配偶者が大半です。ですので、離婚届けを出す前に決めるべきことはきちんと決めておくようにするのが一番です。また、そもそも慰謝料請求権には時効がありますので、早めに請求しないと権利を失ってしまう可能性があります。